【ネタバレ注意】ウォーキングデッドの登場キャラクター80人 一挙まとめ!

【ネタバレ注意】ウォーキングデッドの登場キャラクター80人 一挙まとめ!

海外ドラマ「ウォーキングデッド」に登場するキャラクターを、可能な範囲でざっとまとめました。おそらく全部で約80人。

もれている人物もいるかもしれませんが、名前がついているような人物については大体網羅しているんじゃないかと思います。

ストーリーを思い出しながら見てみてください。

※ネタバレを含むため、まだストーリーを見ていない人は注意ください。

 

リック

リック

この物語の主人公で、保安官です。妻はローリ、子供はカール、ジュディスがいる。正義感が強いみんなのリーダー的存在。いつも愛用のコルトパイソンを使用してる。
仲間想いの保安官だが、その優しさが彼を苦しめているとも言えます。責任感に押しつぶされ、生きるのが嫌になっていた時期があったが、克服した。後にミショーンと恋仲になる。

シェーン

シェーン

保安官時代のリックの相棒であり、親友です。世界崩壊後はローリとカールの面倒を見ていましたが、ローリとは体の関係になってしまい問題が複雑化していきます。後にリックと仲違いをし、射殺される。

ローリ

ローリ

リックの妻であり、カールの母親です。リックとは元々喧嘩をしていましたが、世界崩壊後はお互いの大切さを再確認できました。しっかりしている様に一見見えますが、リックとシェーンの関係を壊れさせた張本人で、他人に頼りすぎる傾向があります。娘を産んだのちに死亡。

カール

カール

リックの息子です。最初は頼りない存在でしたが、後に仲間からも頼りにされる少年に成長します。リック譲りの勇気があります。ミショーンを仲間に受け入れるキーパーソンになりました。
性格としては優しいのですが、無鉄砲なところがあり心配な時があります。

ジュディス

ローリの子供。一応はローリとリックの子供であるが、後にリックは本当はシェーンとローリの子供であるような発言をしている。
実際はわからないが、リックは自分の子供と同じに育てる。

モーガン

リックを最初に助けてくれた黒人の男性です。とても優しいが、そのおかげで苦しむところはリックに似ていると思います。
リックが1度目に再会した時は頭がおかしくなっておりリックを拒絶しますが、2回目の再会で仲間に加わります。

デュエイン

モーガンの息子です。リックと別れた後に、ウォーカーになった母親に殺されてしまいます。

グレン

グレン
グレンは韓国系アメリカ人の元ピザ配達員です。戦車に閉じ込められたリックを救った命の恩人です。性格は明るく、嘘がつけない正直者です。行動力があり、物資調達などでは単独行動を好む傾向があります。
後にマギーの恋人になり、子供を授かります。ニーガンとの争いの際に殺される。

メルル

ダリルの兄であり、暴力的な問題児。市街地に置き去りにされてから、一度リック達のグループを離れる。戦闘能力が高いのはダリルと同じだが、性格は凶暴で他人に対する優しさがない。唯一ダリルにだけは優しさを持っているが、直接本人に優しくすることはない。愛情の表現する方法が下手だが、死ぬ前に弟のために敵に特攻を仕掛けて死亡した。

ダリル

ダリル

メルルの弟。リック達のグループの中心的存在。主に調達や捜索を行う。
仲間達からの信頼は絶大で、グループのNo.2的存在。
シリーズ最初から最後まで彼がいなかったら、リック達は生きてこれなかっただろう。
性格は一見荒そうに見えるが、他人に対する優しさもある。武器としてボーガンを主に使っており、静かにウォーカーを片付けていく。

キャロル

キャロル

みんなの母親的存在。愛情深く、他人に対しても優しい。元々は暴力的な夫であるエドに怯えるだけであったが、強くなった。しかし強さをはき違えて、人を殺してしまい一度リックに追い出されている。後に仲間達の元へ戻る。

ソフィア

キャロルとエドの子供。性格はキャロルに似て優しそうである。ウォーカーに襲われた際に逃げ出すが、後に農場の納屋でウォーカーとして見つかる。

エド

キャロルの妻で、ソフィアの父親。大きな体躯でキャロルに暴力を振るっていた。ウォーカーの襲来により死亡。

アンドレア

元弁護士のブロンドの女性。エイミーという妹を持つ。
性格は一見強気に見えるが、かなり弱気で死ぬことを願っていた時期がある。強いことに憧れている所があり、洗濯や家事などの仕事をすることを好まない。自分を大きく見せようとしている節があり、それが状況を悪くしてしまう時があった。

エイミー

アンドレアの妹で大学生。アンドレアが調達に行った際はずっと心配していた。
ウォーカーの襲来で殺されてしまう。

デール

野営地からの仲間で、初老の男性。帽子がトレードマーク。車の修理に詳しい。
性格はリック達の中では一番倫理性、人間性を重要視していた。仲間に対する優しさもあり、Tドッグが弱ってる時には励まし続けた。
森にいたウォーカーによって殺されてしまう。

Tドッグ

黒人の巨漢の男性。体は大きいが仲間に対しては優しい。メリルといざこざがあったが、自ら助けに行くなど勇気もある。
最後はキャロルのために捨て身でウォーカーに突っ込んで死亡。

ジャッキー

市街地でグレン達と一緒にいた仲間。ドラマの中ではこれといった活躍はなかったが、CDCでウォーカーになるよりも死ぬことを選び自殺。

ジェンナー

CDCにいた研究者である。沢山の研究者が逃げ出したり、自殺する中最後まで治療方法を探していた。性格は冷静で社交的。
最後にCDCの爆発とともに散った。

ハーシェル

マギーとベスの父親。獣医であるが、緊急事態のため人の治療もする。信心深く家族を大切にしている。普段の性格は冷静沈着で知的な存在であるが、怒ると怖いところがある。リックにとっては相談役であり、父親的な存在であった。フィリップに首を切られ死亡

マギー

マギー

グレンの彼女であり、ハーシェルの子供です。ベスとは母親が違いますが、父親が一緒です。
性格は快活で男勝りであるが、人に対する優しさも持ち合わせている。戦闘も調達もやる女性で、リック達の危機を何度も救いました。後にグレンの子供を身籠もる。

ベス

ハーシェルの娘。マギーとは母親が違うが仲が良く、姉さんとして慕っている。
性格はマギーよりも女性っぽく、子守りや家事をよくしていた。最初は家族の死亡から自傷行為をしてしまったが、仲間とのふれあいの中で克服し強くなる。ジュディスの面倒をよくみており、サシャからは母親かと勘違いされる場面もあった。

ジミー

農場でハーシェルによって匿われていた。ハーシェルの家族ではないが、ベスのボーイフレンドであった。農場をウォーカーが襲撃した際に死亡。

オーフェン

ハーシェルの農場で働いていた大男。
鹿を撃ったつもりがカールに銃弾が当出てしまう。カールを救うために、医療器具を取りに行ったがショーンに足を撃たれ、逃げる際の囮にされてしまい死亡。

パトリシア

オーフェンの妻。ハーシェルの治療を手伝っており、医療の心得がある。
ウォーカーが農場を襲った際に死亡。

タイリース

黒人の巨漢の男。サシャは妹である。体も大きく勇敢であるが、誰よりも優しい男である。ドラマの中で優しさだけならナンバーワンかもしれません。
彼女であったカレンが殺された時は、関係のないリックにも暴力を振るうなど感情を抑えられない部分もありました。ノアの家でウォーカーに噛まれて死亡。

サシャ

黒人の女性で、タイリースの妹。ボブ、エイブラハムは元彼。
性格は気が強く、物怖じしない性格。しかし感情的になりすぎるところがあり、争いの原因になる時もあった。

カレン

元々はウッドベリーの住人。タイリースがすきな女性。気が強く、ウッドベリーでも自分の意見をしっかりと主張していた。
フィリップが頭がおかしくなり、仲間達を射殺した時に唯一生き残る。インフルエンザを発症した際にキャロルによって殺され、燃やされてしまう。

ベン

ベンはドナの夫であり、アレンの父親です。ドナが感染した時は仲間に慈悲を求めますが、他人に対しては冷酷な男です。フィリップにより射殺される。

ドナ

ベンの妻であり、アレンの母親である。刑務所に逃げてきた際にウォーカーに噛まれてしまい死亡する。

アレン

ベンとドナの息子。メルルが射撃した際に、フィリップの弾除けになり死亡。

フィリップ(後にブライアンと偽る)

フィリップ

フィリップはウッドベリーの街の提督である。娘を持っていると言っていたが、既にウォーカーであった。
性格は人前では明るく、社交的、リーダーシップがあるが、裏の顔は目的のためなら手段を選ばない冷酷さがある。
ウッドベリー崩壊後は名前をブライアンに偽り行動する。刑務所でミショーンに刺され死亡。

マルティネス

フィリップの腹心である。戦闘能力が高く、汚れ仕事も引き受ける有能な人物である。
フィリップが一度頭がおかしくなってからは、行方をくらませるが、後に新しいグループのリーダーになっていた。ブライアンによって殺される。

サム

金髪の男性。
心優しい男性。アンを過去に助けたことから、いっしょに行動していた。リック達との待ち合わせ場所に現れなかった。終着駅で再会するも、すぐに殺される。

アン

サムの彼女で足の不自由な女性。
性格は優しく、自分の役割をしっかりと果たそうとする性格のようだ。
リック達と別行動をしている最中にウォーカーに殺される。

ボブ (リックの味方の方)

黒人の元軍医。サシャと恋仲になる。普段は冗談ぽく気さくでいいやつだが、酒に依存している過去がある。ウォーカーに噛まれ、さらにギャレス達に足を食べられてしまうなど不幸な事が重なる。後に仲間に見送られながら死亡。

リジー

ミカのお姉さん。キャロルを母親のように考えている。しっかり者のように見えるが、ウォーカーを人間と同じだと考えている。そのせいで、ミカを殺してしまう。復活するとキャロル達に訴えるが、キャロルは危険性を感じ射殺する。

ミカ

リジーの妹。キャロルを母親のように慕っている。リジーよりも年下だが、考え方はリジーよりも大人である。物事の分別も冷静にできるが、リジーに殺されてしまう。

リリー

メーガンの母。フィリップに出会うことにより波乱に巻き込まれていく。
性格は面倒見がよく、見知らぬフィリップにも親切に対応した。ウォーカーの群れにのみ込まれたらしいが、正確に殺された描写はない。

タラ

フィリップが訪れた家族の娘。自分を警官だと偽っていた。怖がりで勇気がないことを隠し、強いと周りに思わせたい性格。レズである。
後にリック達と関わるうちに本当に強くなっていか、頼れる存在になる。

メーガン

リリーの娘。怖がりだが、愛嬌のある女の子。フィリップが自分の娘を重ね合わせたばっかりに、悪夢に関わっていく。

エイブラハム

エイブラハムは元軍隊の人間で、ロジータの元恋人。後にサシャと恋仲になる。ユージーンを科学者だと勘違いし護送していた。
何度も家族が逃げる夢を思い出し苦しむが、リック達との生活の中で克服する。ニーガンに捕まり殺される。

ユージーン

ユージーンは元々は人類を救う科学者だと嘘をついてエイブラハムに守ってもらっていた。ワシントンD.Cに行くためにたくさんの仲間が自分を守り死んで行き、我慢できなくなり嘘をついていたことを告白。
しかし、科学者ではないが水をろ過する方法を知っていたり、銃弾を製造するなど賢いのは確かである。
性格は臆病で、理屈っぽい。

ロジータ

エイブラハムの彼女。ウォーカーとの戦闘も自らかってでる勇ましい女性。他人に対する気遣いもできる。
後にエイブラハムと別れて、スペンサーと仲良くなる。
サシャとはエイブラハムのことで気まずくなるが、後に和解する。

ドーン

女の警官。病院のグループのリーダーであるが、自分の威厳を守るために弱いものに暴力を振るう。とてもプライドが高く、それが原因でリックに射殺される。

スティーブ

病院で唯一の健康な医者です。一見性格は親切で、判断力のありそうな医者ですが、自分の立場を守るために仲間を殺す面も持ちわせています。ベスも最初は心を開いていましたが、だんだん疎遠になってしまったキャラです。

トレビット

病院のグループの中で重症の患者であるが、元医師。
スティーブはトレビットは元医師であるため、治療で回復してしまうと自分の立場が危ういと考えて、ベスに誤った薬を教えて殺してしまった。

ボブ(病院側の元警察官の方)

ボブはベスが匿われていた病院の元警察官。性格は一見社交的で友好的だが、狡猾さもある。
リックに最初は協力的であったが、サシャに嘘をつき逃げた。リックによって殺される。

リカリ

黒人の警察官。ベスとキャロルとの人質交換の時に登場。性格などは不明。

シェパード

女性の警察官。ベスとキャロルとの人質交換の時に登場。性格などは不明。

ゴーマン

男の警官。性格はかなり悪く、ジェーン、スティーブから嫌われていた。ベスを狙っているが、ベスからも嫌われている。

ジョーン

腕を噛まれて、切断した女性。ゴーマンに利用されるのが我慢できなくて逃亡。死んでウォーカーになる。

ノア

黒人の男性。病院で働いているところでベスと遭遇して意気投合する。
ベスが罪をなすりつけられそうな時に、ベスをかばってボコボコにされるなど仲間想いである。後にウォーカーに殺される。

ゲイブリエル

黒人の神父。性格は潔癖で神経質だが、悪い人間ではない。教会で神父の仕事をしていたが、信者の人たちを見捨ててしまい自責の念にかられていた。後に過去を受け入れ強くなる。
最初はリック達を信用していなかったが、後にリック達のやり方に賛同する。

ディアナ

アレクサンドリアのリーダー。夫はレジ。
元州の議員をしていたので決断力があり、さらにリックの事を正確に見抜く目を持っていた。後にウォーカーに噛まれて死亡。

レジ

ディアナの夫。元建築学の教授という経歴を持つ。アレクサンドリアの強固な壁も彼が作ったと言われている。物腰は柔らかく、リック達の仲間に対しても理解を示してくれた。ピートの刀で切られ死亡。

アーロン

アレクサンドリアの調達係兼スカウト。性格としては協調性があるだけでなく、知らない人たちをスカウトしたり、ウォーカーと戦う勇気がある。
同性愛者、エリックが恋人である。

エリック

アレクサンドリアの調達係件スカウト。アーロンとコンビを組んで物資調達、スカウトをしていた。
同性愛者で、アーロンが恋人である。

ギャレス

終着駅のリーダー。性格としては元々は人情味がある人間であったが、仲間達を襲われてからは冷酷非道な人間になる。さらに人を食うのが習慣化しているほど、頭がおかしくなっている。リック達に殺される。

ピート

アレクサンドリアの住人でジェシーの夫。DVを行なっていた。後に錯乱した際にリックによって射殺。

ジェシー

アレクサンドリアの住人でピートの妻。元美容師であり、リックの髪を切った。

ロン

アレクサンドリアの住人で、ジェシーの長男。リック達を嫌う。ロンがリックやカールを嫌いさまざまな問題が起きた。カールの片方なくなったのも彼のせいである。リック達に銃を向けたのでミショーンに刀で殺される。

サム

ジェシーの次男。気が弱く、ウォーカーの中を歩いていた時に声を出してしまい噛みつかれ死亡。キャロルに懐いてた。

トビン

アレクサンドリアの住人。キャロルとキスをしており、恋仲を匂わせた。リックに協力的。

ニコラス

アレクサンドリアの住人。エイデンと共に調達係などをしていたが、自分たちのヘマのせいで仲間を複数殺しているがそれを隠していた。
グレンによって少し鍛えられるが、最終的に恐怖で自殺を選ぶ。

イーストマン

モーガンの師匠で、元司法精神分析医。過去に自分の受け持っていた精神障害者から家族を殺された悲しい過去がある。

ティナ

森を逃げていた三人組の一人。ドレイクの妻の妹。糖尿病を患っており、インスリンの投与が必要。
ニーガン達から逃げていたが、逃げている途中でダリルと遭遇する。
ウォーカーに噛まれて死亡。

デニース

医療担当のアレクサンドリアの住民。医者志望であったが、医師にはなれなかった。世界崩壊後は必要に迫られ医療に従事し始めた。レズであり、タラと仲がいい。ドレイク達に殺される。

スペンサー

ディアナの息子。リック達のことを最初から快く思っていなかった。
最後はニーガンに刺されて死亡。

エイデン

ディアナの息子。ニコラスと共に調達係をしていた。自分が銃を乱射したために、ウォーカーについてた手榴弾に引火し、鉄柵に刺さってしまい死亡。

ジーザス

ヒルトップの調達員。優男だが、縄抜けや戦闘何でもこなす肉体派。
性格は社交的で、優しい。リック達からも、一目置かれる存在。

イーサン

ヒルトップのメンバーであるが、救世主達からグレゴリーを殺せと命じられ、グレゴリーを刺した。

アンディ

ヒルトップのメンバー。
グレゴリーの首を持っていく役目を負った。

クレイグ

捕虜になって捕まっていた。特に見せ場はなし。

ポーラ

ニーガンの仲間の女性。3人組で現れ、リーダー的な存在だった。
キャロルとマギーを捕まえる。家畜処理場で死亡する。

ドワイト

救世主のグループの中心的な人物。元妻はシェリー。義理の妹はティナ。
最初の登場はシェリー、ティナと一緒に逃げているところをダリル達と接触した時である。ドワイトはダリルをニーガン達の仲間だと勘違いして人質とする。
最後はニーガンの元に戻るが、逃げた罰として拷問を受ける。性格は元々は愛情深い男、今は冷酷な男になった。

シェリー

ドワイトの元妻。救世主の元でドワイトと共に働いていたが、脱出を試みる。脱出が失敗しドワイトが殺されそうになると、ドワイトの命を助ける代わりにニーガンの妻になった。

ドニー

ポーラと一緒にいた男。キャロルに撃たれ家畜処理場で暴れるが、その場で死亡する。

ニーガン

ニーガンは救世主と呼ばれるグループのリーダー。
性格は冷酷で、自己本位的。
リック達と始めて会った時にグレン、エイブラハムを殺したがその後さらにカールまでリックに腕を切らせようとする。
仲間にも優しさはなく、少しでも裏切るようなら拷問をして殺す。

オリビア

アレクサンドリアの倉庫の物資管理の仕事をしていた。ニーガンに殺されてしまう。

グレゴリー

ヒルトップのリーダー。ヒルトップのリーダーであるが、仲間からは慕われていない。マギーが交渉に来た際も、セクハラのような発言をした。
性格は自己中心的で、リーダー向きではない。

エゼキエル

王国のリーダー。元動物園の飼育員。トラのシバを飼っている。救世主達にいいように利用されているが、住民達を守るために立ち向かう事を恐れていた。最終的にはリックと協力して戦いに向かう。
性格は温和で親しみやすい。王国の住民からも慕われているようである。

カーソン

ヒルトップにいる医師。マギーの出産の手助けをしてくれていた。後に兄が死亡した際に、ニーガンのアジトに代わりに連れていかれる。

サイモン

救世主のメンバーであり、ニーガンの1番の腹心。喋り方もニーガンを真似ているなど、ニーガンに対する忠誠心は絶対的。性格もニーガンに似て冷酷。

キャシー

女性だけの村の幹部。タラが仲間を探す時についてきた。

ジェイディス

瓦礫の山に住んでるグループの女リーダー。リック達に協力すると約束しながら、土壇場で裏切った。
性格は冷酷で合理的であり、得がないと動かない。

リチャード

王国の幹部です。性格は自信家。
救世主に利用される王国のやり方に疑問を持っていました、リチャードはエゼキエルが救世主と戦うのを躊躇いつづけるので、メロンをわざと少なくしておき自分が犠牲になろうとしました。しかし、代わりにベンジャミンが犠牲になってしまい、怒ったモーガンにより殺される。

ベンジャミン

王国の幹部。まだ戦闘経験などは浅いが、将来を有望視されていた。性格は真面目。
モーガンを慕っており、棒術を教えられていたが、リチャードの代わりに死亡。

 

以上、まとめるとかなり多くのキャラクターが登場していることが分かりますね。
若干忘れかけていた人物もいました。

各シーズンのあらすじとともに思い出してみてください。

>>ウォーキングデッドのあらすじネタバレ