「ウォーキングデッド」シーズン3のあらすじ・ネタバレと感想!提督フィリップとの戦い

「ウォーキングデッド」シーズン3のあらすじ・ネタバレと感想!提督フィリップとの戦い

シーズン2ではたくさんの仲間が死亡し、さらにウォーカーにより住みやすかった農場からも逃げ出すことになってしまったリック達。
行くあてもないリック達はどこに向かうのだろうか。

 

「ウォーキングデッド」シーズン3の概要

リック達は安全に生活する場所として刑務所で生活を始めた。
しかし、別のグループと争いが勃発し、さらにそのグループにはかつての仲間の姿があった。誰を守るために誰を犠牲にするのか…

 

シーズン3のあらすじ・ネタバレ

以下、シーズン3の各話ごとのあらすじをざっとまとめました。
ネタバレも含んでいるため注意ください。

第1話

1 新たな住まい

リック達はローリの妊娠のためにも安全で長期的に住む地を探していた。リックは狩りに行っていた際に刑務所を見つける。

2 ウォーカーを連れた女

場所が変わると、そこには刀を巧みに扱いウォーカーを倒す黒人の女がいた。そして、彼女と一緒に行動を共にしていたのはアンドレアであった。アンドレアは体調が悪いようだが、その女に介抱されている。

3 切断

刑務所を新しい住処にと考えたリック達であったが、探索中にハーシェルはウォーカーに足を噛まれてしまう。すぐに切断しないと感染してしまうと考えたリックはハーシェルの足を切断した。

 

第2話

1 交渉

囚人が刑務所の中に5人生き残っていた。彼らは自分たちも一緒に刑務所で暮らすことを望み、リックは交換条件として食料を渡すことを要求する。

2 裏切り

囚人から食料をもらったリックは、代わりとして囚人達の住む棟を確保するのに協力することにした。1人の囚人はリックの隙をつき殺そうとしてきたが返り討ちにする。

3 ハーシェルの復活

ハーシェルは一度危険な状態に陥り死んでしまったかと思われたが、ローリのお陰で息を吹き返した。

 

第3話

1 まさかの再会

アンドレアは刀使いのミショーンとヘリの墜落現場に来ていた。墜落現場には見知らぬグループが偵察に来ていたが、その中になんとメルルの姿もあった。そのグループはアンドレア達を街まで連れていった。

2 ウッドベリー

アンドレアとミショーンが連れてこられた場所はウッドベリーという街だった。街は清潔で、街の周りは壁に囲まれて守られており安全な街であった。提督と呼ばれている男はアンドレア達を手厚くもてなした。

3 表と裏

提督は助けていたパイロットの仲間達を街に迎えいれると約束していたが、皆殺しにしてしまった。そして、街の住人にはすでに殺されていたと嘘を伝えた。さらに提督の部屋には数多のウォーカーの首があった。

 

第4話

1 ウォーカーの侵入

ハーシェルは意識を取り戻し、散歩ができるようにまでなった。皆がハーシェルの姿を喜んでいたのもつかの間、鍵をかけていたはずのドアからウォーカーが侵入して来た。

2 犯人

サイレンが刑務所内に鳴り続いている。リック達がサイレンを止めに行くと、逃げ出した囚人の1人が襲いかかってきた。リック達は応戦して、サイレンを止めることに成功する。

3 犠牲の上の命

ハーシェルもいない状況で、赤ちゃんが生まれそうになるローリ。ローリはハーシェルもいない状況では安全に産むのは不可能と考え、腹を裂いて赤ちゃんだけでも無事に生まれることを望み、ローリは死んでしまった。そのことを聞いたリックは泣き叫んだ。

 

第5話

1 大事な娘

提督のフィリップには子供がいた。しかし、子供は既にウォーカーになっていたのである。フィリップは子供を殺そうとはせず、部屋に閉じ込めていた。

2 リックの錯乱

リックは一人で刑務所内のウォーカーを殺していた。心配になったグレンは血だらけのリックに話しかけたが、突き飛ばされてしまった。

3 娯楽

アンドレアは街の外に出ようとするミショーンの誘いを断り、ウッドベリーに残ることになった。夜になるとウォーカーを使った演出が娯楽の為に行われていたが、アンドレアはその異常性に不安を感じていた。

 

第6話

1 電話

リックの元に電話がかかってきた。電話の相手は安全な場所があると言い、リックはその場所に連れて言って欲しいという。電話は一度切られたが、また電話をかけると相手は言ってきた。

2 外に出るなら

ミショーンは一人外に出たが、ウッドベリーの人達が自分を殺しに来ることは分かっていた。メルル達はミショーンを殺しに行ったが返り討ちにあう。だが、運悪くグレンやマギーはメリルに見つかり脅されて捕まってしまう。

3 リックの回復

リックに何度もかけられて来ていた電話は幻想だった。リックは悩み続けていたため、電話が本当にかけられてきていると誤解していたのである。リックは冷静さを取り戻し、仲間の元に戻り赤ちゃんを抱いた。

 

第7話

1 突然の来訪者

刑務所の前に現れたミショーンはウォーカーに襲われたが、リック達により助けられた。さらにミショーンはグレンとマギーが捕まったことを教えてくれた。

2 キャロルの無事

死んだかと思われていたキャロルをダリルは発見した。他の仲間達もキャロルの無事を喜んだが、落ち着く間も無くグレンとマギーをウッドベリーへ助けに向かう。

3 拷問

グレンとマギーは拷問を受けていた。フィリップはマギーから刑務所の場所を聞き出し、調査に向かう決意をする。そして、フィリップはアンドレアからウォーカーには記憶がない事を知らされる。

 

第8話

1 救出

リック達はミショーンの案内のもとウッドベリーにグレン達を救出しにきた。何とかグレン達と再会は果たしたが、逃げる途中でダリルとはぐれてしまう。

2 新たな訪問者

刑務所の中に声が聞こえたカールは、あるグループがウォーカーと交戦してるのを見つける。彼らの1人は感染しており、彼らは一緒に刑務所で住みたいと願うが、カールは拒否する。

3 最悪の再会

フィリップは仲間を競技場に集め、テロリストに街を破壊されたと説明する。そして、メルルが裏切り者だと宣言した。ダリルはフィリップ達に捕まってしまい、メルルと最悪の再会を果たした。

 

第9話

1 決闘

フィリップの命令でメルルとダリルは殺し合いをさせられる。アンドレアは仲間だから助けてくれとフィリップに頼むが拒否される。街の住人も兄弟の殺し合いを望んでいた。

2 それぞれの感情

メルルを連れて脱出したリックであったが、グレンはメルルを仲間にするのを頑なに嫌がる。ダリルはメルルを仲間に入れないのなら、仲間から抜けると言い放ち出ていってしまった。

3 消えない幻影

黒人の巨漢であるタイリース、そしてその妹であるサシャ達は仲間にしてほしいとリックに頼む。しかし、リックはローリの幻影に悩まされており混乱状態で会話も出来なくなってしまった。

 

第10話

1 疑い

フィリップはアンドレアに好意を抱いているようだが、その反面疑いもしているようだった。フィリップはアンドレアは街の住人を勇気づけたと讃えたが、研究者であるミルトンには監視をしろ、と言うのだった。

2 兄弟の葛藤

ダリルとメルルは一緒に森をさまよっていた。ウォーカーに襲われていたグループをダリルは助けたが、メルルは略奪しようとする。ダリルは今まで我慢していた兄への感情をメルルにぶつけた。

3 汚い手

フィリップはリック達に復讐しに刑務所まで来た。囚人の1人で明るい性格であったアクセルは撃ち殺され、更にウォーカーを刑務所の中に放すという汚い手を使ってきた。

 

第11話

1 総力戦

ウッドベリーではリック達を殺すために子供にも銃の訓練をさせようとしていた。アンドレアはやめるよう説得するが、フィリップは闘うことに執着している。

2 交渉

アンドレアは殺し合いを防ぐために刑務所に交渉に来たが、フィリップに嘘をつかれていたことを知り動揺してしまう。アンドレアはリック達から信用されておらず、フィリップからも疑われている。

3 決まらない覚悟

タイニース達は何も知らず、ウッドベリーに匿われてしまった。キャロルは「フィリップの寝込みを襲え」とアンドレアに頼むが、彼女は決行できないでいた。

 

第12話

1 まさかの出会い

リックは武器を調達するために自分が住んでいた町に戻ってきていた。武器を手に入れるために探索していると、何者かに襲撃される。なんとそれはリックの命の恩人のモーガンであった。

2 思い出の写真

カールは何かを探していた。バーの中で命懸けで手に入れたかったものは、家族との写真だった。妹であるジュディスに母を見せたかったのである。

3 辛い記憶

モーガンは頭がおかしくなっていた。妻がウォーカーになってしまい、息子であるデュエインも妻のウォーカーに殺されてしまった。モーガンは自分が妻を殺せなかったから、息子が死んだと後悔して現実を受け入れられないでいた。

 

第13話

1 話し合い

リックとフィリップは和平交渉のためにある小屋にいた。リックは領土を決めて、干渉し合わないことを望むが、フィリップは提案を断った。

2 戦いたくない

リックとフィリップが交渉している間、フィリップの護衛のマルティネスとダリルが腹を割って話している。マルティネスは本当は戦いたくない、しかし戦いは避けられないと嘆いた。さらにミルトンもフィリップのやり方は殺戮だと言い放った。

3 交換条件

フィリップはリック達を襲わない条件としてミショーンを差し出すことを要求する。リックはミショーンを引き渡した方が他の仲間を守れるのではないかと悩むが、ハーシェルに自分を止めてほしいとお願いする。

 

第14話

1 異常性

フィリップはミショーンに使用するために拷問部屋を作っていた。それを知ったミルトンは、街の発展のためにならないとフィリップに反対するが聞く耳をもたない。

2 早く伝えに

アンドレアはフィリップが交渉を守らないという秘密をミルトンから聞いてしまった。リック達を助けるために街を抜け出したアンドレア。工場跡地でフィリップに捕まりそうになったが、ウォーカーを利用しフィリップを倒したように見えた。

3 拷問部屋に

刑務所を壊滅するために利用するはずだったウォーカーが何者かによって焼かれてしまった。フィリップは仲間達にはアンドレアは見つけられなかったと説明したが、彼女は拷問部屋に捕まっていた。

 

第15話

1 汚れ役

リックは「ミショーンを渡せば手を出さない」というフィリップの提案を受け入れると数人の仲間に打ち明ける。しかし、メルルはリックにはできないと考え、自分だけでミショーンを引き渡そうと考えた。

2 命懸けの特攻

メルルはミショーンを引き渡そうとしていたが、最後に引き渡すのをやめミショーンを逃した。そして、自分だけでフィリップのもとに特攻したのである。メルルは最後までダリルの安全を願っていた。

3 メルルの最期

ダリルはメルルを探しにきていた。しかし、メルルは見つけられたがその姿はもうウォーカーになっていたのである。ダリルは苦悶の表情を浮かべながら兄の頭に刃を突き立てた。

 

第16話

1 ミルトンの意地

フィリップはウォーカーを焼いたのがミルトンであると突き止め、ミルトンを殴り倒していた。そして、もし忠誠があるのであればアンドレアを殺せと命令する。ミルトンは逆にフィリップに刃を向けたが、殺されてしまった。

2 仲間でさえも

フィリップ達はリック達のいる刑務所を侵略しようとしたが、リック達は進行を食い止めて追い払うことに成功した。フィリップ達の仲間達はもう刑務所を襲いたくないと言うと、フィリップは仲間でさえも殺し始めた。

3 アンドレア

リック達はフィリップを追い返したあと、フィリップの元仲間に案内されウッドベリーに向かっていた。そして、感染してしまったアンドレアを見つける。アンドレアはリック達に自決すると告白する。

 

「ウォーキングデッド」シーズン3を見た感想

シーズン3ではウッドベリーの提督フィリップとの戦いがメインのストーリーでした。
フィリップはドラマの中でさえも魅力的な人間と言われていますが、私もそれに同感です。

彼は仲間の前では、協調性があり、勇敢で、リーダーシップを発揮します。まさにパーフェクトな人間の様に見えます。しかし、ウォーカーになった娘を殺されると露骨に悪人に変わりました。

彼は仲間のために素晴らしい人間だったわけではなく、「娘」のために仲間全てを利用しているように思えました。
まぁ、それはそれで凄い目的意識な気がしてフィリップがさらに好きになりました。