「ウォーキングデッド」シーズン6のあらすじ・ネタバレと感想!アレクサンドリアでの戦い

「ウォーキングデッド」シーズン6のあらすじ・ネタバレと感想!アレクサンドリアでの戦い

リック達はアレクサンドリアという街にアーロンによって導かれてきた。
しかし、街の仲間達との考え方の違いから所々で問題が発生し始めている。リック達はアレクサンドリアで安全な生活を守っていけるのであろうか。

 

「ウォーキングデッド」シーズン6の概要

ウォーカーの怖さをアレクサンドリアに住民は理解し始めていたのもつかの間、今度は人間により街が混乱に陥る。
リックが出会ったジーザスという男との交渉により、物資の代わりにニーガン一味と戦うことになるが撃退する。しかし、倒したはずのニーガン一味はほんの一部に過ぎなかった。

 

シーズン6のあらすじ・ネタバレ

以下、シーズン6の各話ごとのあらすじをざっとまとめました。
ネタバレも含んでいるため注意ください。

第1話

1 殺人者

トビンとゲイブリエルが、死者の墓を2つ掘っていた。それを見つけたリックは殺人をしたピートの遺体は一緒に埋葬しないと言った。トビンはリックに決定権がないと反対したが、ディアナはリックの意見に賛成した。

2 想像を絶する光景

リックとモーガンはピートの遺体を森に移動させていた。何か不審な音を聞いた2人はその音の方向に向かうと、そこには何万というウォーカーがいたのであった。リック達はウォーカーを町の反対側に移動する作戦を実行する。

3 クラクション

予定通りウォーカーの移動が行われていた。しかし、どこからともなくクラクションの音が鳴り始め。ウォーカーの進行方向が変わってしまった。リックは家の方から鳴っていると推測した。

 

第2話

1 戸惑い

ピートが死んだことによって、戸惑いを隠せない者もいた。ピートの家族のロンはリック達を嫌い、ジェシーはどうしていいかわからなかった。ディアナもまだレジの死亡を受け止められないでいた。

2 仲間がいない間に

リック達がいない間に、Wのグループが街を襲ってきた。町の住人は次々に残忍な殺され方をしていく。カールやキャロルは反撃の準備を伺っていた。

3 音の原因

大きなトラックがアレクサンドリアの壁に突撃しようとしていた。それを阻止しようとしたスペンサーはライフルで運転手を撃った。トラックは止まったが、クラクションが止まらなくなってしまった。また、助けに来たモーガンは狂っているW達でさえ殺せずにいた。

 

第3話

1 ヒースの不安

リックは緊急事態に対して、ミショーンとグレンは街に戻って欲しいことを伝える。そして、最悪の場合は町の住民を見捨てろと言い放った。それを聞いた捜索隊の1人であったヒースはリックに不信感を持つ。

2 それぞれの言い分

ミショーン、グレン達はアレクサンドリアの住人数名と街を目指していたが、途中でウォーカーに遭遇しペットショップに逃げ込む。仲間の数人は怪我をしており、ここに置いて言ってほしいことを主張する。しかし、ヒースは一緒に連れていくことを約束し、ミショーンも同意見だと賛同した。

3 グレンの危機

グレンとニコラスは燃えるものを探していたが、見つからなかった。そしてウォーカーに囲まれてしまう。ニコラスはグレンに「ありがとう」と言うと、自分の頭を銃で撃ってしまった。そして、グレンもウォーカーの中に倒れこんでしまう。

 

第4話

1 新たな出会い

モーガンは昔を思い出していた。モーガンはリックと再会した後も、ウォーカーをひたすらに駆除する生活を続けていた。しかし、モーガンが森に入ってヤギを取ろうとすると、ある男の家に捕まってしまう。

2 心の闇

その男は名前をイーストマンと自己紹介し、モーガンにも名前を聞いたが「殺せ」としかモーガンは言わなかった。数日が過ぎイーストマンはモーガンに君はPTSDだと説明する。そしてこの家から出ていくか、この家で治療をするかどちらかを選べと言った。

3 辛い過去

モーガンはイーストマンと生活するうちに少しずつ心を開くようになっていた。ふと牢屋がなぜあるのかイーストマンに尋ねると、彼は過去の話をしてくれた。彼の家族は精神病者に殺されていたのである。

 

第5話

1 誰が味方なのか

リックはアレクサンドリアにウォーカーを引き連れて現れた。街の住人はリックが連れてきたと勘違いするが、アーロンはリックのせいではないと説明する。街は混乱していたが、ディアナの息子のスペンサーがなんとか住民を落ち着かせた。

2 諦めきれない

マギーはグレンが死んだとは信じられなかった。自分で確かめようと考えたマギーは、アーロンの反対を押し切りグレン探索に向かう。しかし、ウォーカーに苦戦し街を出ることはできなかった。

3 変わろうとする者

ジェシーは住民がウォーカーになっているの見つけると、頭にナイフを刺して殺した。それを見た住人はジェシーの行動に狼狽えていたが、ジェシーは住民達に変わることの必要性を訴えた。それに続くように、住民を治療していたデニースやディアナも変わり始めた。

 

第6話

1 襲撃

ダリル、サシャ、エイブラハムがウォーカーを先導していると誰かに襲撃されてしまう。ダリルは二人と離れてしまい、さらに襲撃した三人に捕まってしまう。

2 ダリルの情

三人は誰かから逃げているようだった。その中の1人が発作を起こしている間にカバンを奪い逃げることに成功するダリル。しかし、カバンの中には発作を抑えるインスリンが入っていた。ダリルは自分を捕まえた三人組に薬を渡しに向かった。

3 情けのない裏切り

薬を3人に渡すと、3人組を追跡していた連中に出くわし殺し合いになる。なんとか切り抜けるが、ティナはウォーカーに噛まれて死んでしまう。ダリルは残りの2人を仲間に誘うが、裏切られて森の中に取り残されてしまった。しかし、トラックをみつけサシャとエイブラハムを迎えに行く。

 

第7話

1 生きていた

グレンはニコルスが自殺した後、ウォーカーがニコルスの死体を食べている間に逃げることに成功していた。ウォーカーが静かになった後、動き出したグレンはイーニッドを見つける。イーニッドはグレンに水をくれたが、どこかに行ってしまった。

2 独裁

リックは街の修復をしていると、トビンが手伝ってくれた。さらにリックに対して恐怖を抱いていたと正直に白状する。スペンサーが壁の外に落ちてしまい、リックが助け、なぜ自分に言ってくれないんだと聞くと、リックは聞く耳を持たないと言われてしまう。

3 隠し事

モーガンはデニースの所にきていた。デニースはどこが悪いのと聞くが、モーガンは自分ではないと言う。モーガンはデニースをある人に会わせると連れ出す。キャロルはモーガンとデニースがいるのを見つけ、尾行をする。

 

第8話

1 ウォーカーの侵入

壁を壊して街の中にウォーカーが入ってきてしまった。リックは住民に家に避難しろと指示を出す。ディアナはウォーカーに噛まれており、リック達は何も言えずにいた。

2 仲間割れ

ロンとカールはガレージにおり、お互いの父親を罵り合っていた。そしてロンはスコップでカールを攻撃しようとし、その反動でガラスを割ってしまいウォーカーが押し寄せてくる。ところ変わって、モーガンとキャロルも敵であるWの男をどうするかで睨み合っていた。

3 ディアナの最期

リックはジュディスの鳴き声を聞き二階に上がると、ディアナがジュディスを見ていた。ディアナはマギーと息子スペンサー宛の手紙を渡す。そしてスペンサーを仲間だと思ってほしいとリックに頼んだ。

 

第9話

1 バイク集団

ダリル、エイブラハム、サシャはニーガンの仲間に足止めを食らっていた。そいつらはエイブラハムとサシャを殺そうとするが、ダリルがロケットランチャーでそいつらを一掃した。

2 一瞬の迷い

ウォーカーの中を進んでいたリック達で会ったが、怖さに耐えきれなかったサム、ジェシーが死亡した。さらにリックを撃とうとしたロンをミショーンが刺し殺した。ロンが撃った弾はなんとカールの目に当たってしまった。

3 誰もが変われる

悪い男であるはずのWの男は、デニースを助けてウォーカーに噛まれてしまった。その後もデニースを助けてくれたが、最後はキャロルに殺された。リックは勇敢にウォーカーと戦った街の住人は強く変われると考えを変えた。

 

第10話

1 ジーザス

リックとダリルは調達に出かけると、ジーザスという男に会う。その男はリック達の隙をついてトラックを盗み逃げてしまったが、捕まえることに成功しアレクサンドリアに連れて帰ってきた。

2 親子の再会

ミショーンの説得を無視し、スペンサーは森に入って行く。カール達はスペンサーの目的のものを先に見つけて誘導していた。スペンサーの元にカールが誘導してきたのは、ウォーカーになったディアナだった。スペンサーはディアナの頭にナイフを刺した。

3 まさかのカップル

リックが調達から帰ってくるとミショーンが待っていた。少し頭を休ませたいというリックの手はミショーンとつながっていた。2人は一夜をともにすると、目の前にジーザスが話をしたいと現れた。

 

第11話

1 リックとミショーン

ジーザスが逃げ出したと知った仲間達がリックの家にきた。仲間達はリックとミショーンの関係に気づき、驚きを隠せないでいた。リックはミショーンとの関係を言い訳するが、カールは笑っていた。

2 ヒルトップ

ジーザスは取引相手を探していた。リック達を自分たちの街に連れて行くと、ヒルトップという名前だと教えてくれた。そして、ヒルトップの責任者であるグレゴリーという気難しい男を紹介された。リックは交渉は自分よりもマギーの方が向いていると考えて、マギーとグレゴリーは交渉の席に着いた。

3 取引条件

イーサンという男がグレゴリーを殺そうとするが、リックがそれを止めた。そしてグレゴリーに対して、救世主と名乗っているニーガン一味を倒すから、物資を半分くれとマギーは要求した。

 

第12話

1 会合

リック達はアレクサンドリアにつくと会合を開き、ヒルトップであったことを話した。リックは敵を奇襲することを提案するが、モーガンは話し合いを主張した。アーロンがもう襲われたくないと言うと、みんなの意見は奇襲で一致した。

2 作戦

リック達はグレゴリーの偽物の首を作り、敵を欺く作戦を考えた。敵は偽物の首に不信感を持っていたが、アンディはうまく演技し作戦は成功する。クレイグも無事救出した。

3 制圧完了

リック達は一応基地の中を占領したようだった。外に出た仲間達は、敵がバイクに乗って逃げ出すのを目撃して倒す。さらにトランシーバーから女性の声がし、キャロルとマギーの話をしたいと申し出たてきた。

 

第13話

1 過呼吸

キャロルとマギーはポーラ率いる女達に捕まってしまった。猿ぐつわをはめられたキャロルは過呼吸を起こしてしまう。

2 苛立ち

キャロルに撃たれていたドニーは時間と共に衰弱していった。ドニーは治療ができない苛立ちから、キャロルに攻撃しようとするが、ポーラは人質だと言って止める。最後は頭を殴られ静かになった。

3 脱出

リックとポーラは無線で話している。ポーラはリックの無線から不信感を感じ、仲間達に逃げようと提案して部屋から出ていった。キャロルとマギーは仕方なく
ポーラ達を殺して、グレン達と再会を果たすことができた。

 

第14話

1 初めての外出

デニースは薬を手に入れるために、ダリル、ロジータと調達に来ていた。薬局で薬を調達していると、動けないウォーカーをみつける。デニースはショックで泣いてしまった。

2 銃弾

ユージーンは銃弾を作るためにエイブラハムと一緒にある工場に来ていた。そこでウォーカーが現れたが、ユージーンは俺の獲物だと主張しエイブラハムとケンカになり2人は別行動になる。

3 望まぬ再会

ダリル達は調達の帰り道に、以前ダリルを襲った男であるドワイトに再度襲われデニースを殺されてしまう。さらにドワイトはユージーンを人質に連れていた。ユージーンは機転をきかし、エイブラハム、ダリルと協力してドワイトを追い払った。

 

第15話

1 いなくなった

キャロルはアレクサンドリアの町から出ていってしまった。途中でニーガンの連中に出くわしたキャロルは、殺し合いはしたくないと訴えるが銃撃戦になる。

2 探索

リックとモーガンはキャロルを探しに来ていた。キャロルが乗っていたであろう車を見つけると、2人は周辺の探索を行う。

3 仇を探す

ダリルはデニースを殺したドワイトを探していた。ダリルは一度ドワイトを逃がしており、もし逃がさなければデニースは死ななかったと自分を責めていた。グレンとミショーンも合流したが、ドワイトに逆に捕まってしまう。

 

第16話

1 ヒルトップへ

マギーはお腹に痛みを感じており、ヒルトップの産科医に診てもらうことになる。バスで移動し始めたリック達であったが、ニーガンの仲間達が行く手を阻んだ。道を変えてヒルトップを目指すが、何度も邪魔をされてしまう。

2 囮役

バスの行く先々で邪魔をされ、このままではマギーの状態がヤバいと思ったリック達は歩いてヒルトップを目指すことになる。しかし、バスはわざと走らせリック達の行動がバレないようにカモフラージュをした。ユージーンはバスを1人で走らせる囮役をかってでた。

3 ニーガン登場

森の中を歩いていたリック達であったが、広い場所で捕まってしまう。そして、リーダーであるニーガンが登場し、1人殺すと言うのであった。その時、キャロルはモーガンに救出され、馬に乗った見知らぬ奴らと遭遇していた。

 

「ウォーキングデッド」シーズン6を見た感想

シーズン6はアレクサンドリアでのリック達の行動に焦点が当たってましたね。

リック達はアレクサンドリアの生活に順応する気はさらさらなかったのはチョット面白かったです。昔のリック達であったら、倫理観とかが邪魔してその街のルールを守っていたはずです。しかし、シーズン6にもなると良い意味で図々しい!

基本的にはリックやダリルはいい人ですが、仲間のためには殺しもやりますし、他の仲間もあまり責めなくなってきてますよね。
個人的にはそれはそれでしょうがないと思いますが、最終的にリック達がリックの元相棒のシェーンのようになるのは悲しいなーと思いました。